[Projectμ] プロジェクトミュー ブレーキパッド COMP-B for GYMKHANA リア用 【エスティマ TCR11W 92.9~96.8 ABS無 2400cc】 本州・北海道は送料無料 沖縄・離島は送料1000円(税別) 7.5J フォーベックス モーターグレーダー最高のサービスを提供する

[Projectμ] プロジェクトミュー ブレーキパッド COMP-B for GYMKHANA リア用 【エスティマ TCR11W 92.9~96.8 ABS無 2400cc】 本州・北海道は送料無料 沖縄・離島は送料1000円(税別) 7.5J フォーベックス モーターグレーダー【限定価格セール】

2005年11月16日

【激安送料無料!】[Projectμ] プロジェクトミュー ブレーキパッド COMP-B for GYMKHANA リア用 【エスティマ TCR11W 92.9~96.8 ABS無 2400cc】 本州・北海道は送料無料 沖縄・離島は送料1000円(税別) 7.5J フォーベックス モーターグレーダー

NTTは9日、平成17年9月中間連結決算を発表しました。
それによりますと、固定電話の減収が続いたほか カローラ(00.8~)ZZE122/124/122G/124G リアディスク■プロジェクトμ ブレーキパッドBESTOP フロント用左右セット、稼ぎ頭のNTTドコモが減収だったことが響き、グループの売上高は前年同期比1.7%減の5兆2314億円、営業利益は同3.1%減の7633億円と、中間決算として前年に続いて減収減益。最終利益も同4.0%減の3307億円でした。
これを受けNTTは、IP(インターネットプロトコル)技術を使った固定通信事業の集約や、ネット関連事業の統合などを柱とするグループ再々編を正式発表しました。
来年度以降、ソフトバンクなど3社が携帯電話事業に新規参入するなど今後の通信業界の競争激化が必至とみているからです。
計画によりますと、NTT東西地域会社がIP技術を使った次世代ネットワークを構築。従来型の電話サービスは、引き続きNTTコミュニケーションズ(NTTコム)も手がけますが、次世代のIP固定通信事業はNTT東西に集約します。
NTTレゾナントが行っているポータル(玄関)サイト運営などのネット関連事業はNTTコムに統合します。固定通信の法人営業についても、NTTコムに顧客対応窓口としての機能を一本化します。NTTコムの主力事業は現在の長距離通信から、ネット関連サービスや法人営業へと変わることになります。
NTT持ち株会社の和田紀夫最高経営責任者は「技術革新やサービス競争の激化に対応するには、各事業会社の役割分担の見直しが不可欠」と判断、「再編とは、1社体制だったNTTを長距離と地域で分割したことを指しており、再々編という場合はこの会社法の変更を伴うという意味で捉えている」「今回の見直しは役割の整理であり、法改正を伴う再々編ではないと認識している」としています。
これに対し、KDDIやソフトバンクなど他の通信業者は「平成11年のNTT分割を反故(ほご)にし、再統合を目指している」と反発を強めています。ソフトバンクの孫正義社長は「新規参入にバリアーを張る暴挙だ」と批判。KDDIも「公正な競争確保と客の利便性向上を阻害する」(広報部)とコメントしました。

私もNTTグループはそろそろグループ再編しなければならない時期になったと認識しています。
固定電話の減収は続き、携帯電話事業も定額制の導入など値下げ競争が激しくなって減収となり、来年以降もソフトバンクなど新規事業者3社が参入して競争激化することが予想され、経営環境は厳しいものがあると見ています。
平成11年7月に東西地域と長距離・国際に分割、持ち株会社化、そして14年5月には東西を中心に11万人規模の合理化によって100社規模の地域別・業態別アウトソーシング子会社に、現業従業員を出向・転籍させました。固定電話から光ファイバー・IPへ、通信の主役が変わろうとしている今、合理化によってグループ会社間で多くの重複業務が発生しています。通信産業の変化の流れが加速する中、、NTTグループでもグループ会社間で分散している業務の整理・統合が必要になるとみられます。
とりわけ ホンダ インテグラ DA6 DA8 DB1 89/4~93/6 DIXCEL(ディクセル) ブレーキパッド ECタイプ リア用 335036、平成14年5月に東西を中心に11万人規模の合理化により、51歳以上の社員を転籍・賃下げさせた上で発足させた設備系・営業系・事務系 CUSCO (クスコ) type RS Spec-F LSD リア 2way(1&2way) Spec-F 品番:LSD 160 FT2 トヨタ マーク X 型式:GRX130 年式:2009.1~、そして地域別に分割された会社は来年にも大幅な再編が予想されます。細分化された子会社に分散している事業・業務を整理・統合した上で、合理化後の懸案だった“東西事業統合”も視野に入れた再編が検討されていると思われます。すでに
2017-10-22
、無線LAN事業は、NTT東西・NTTドコモとNTTブロードバンドプラットホームの間で営業交換が行われ、NTTブロードバンドプラットホームがアクセスポイントの構築・運用(無線LAN倶楽部事業は12月をめどに終了)、NTT東西・NTTドコモがサービス提供と、役割分担を見直すことになりました。
そこでこのブログでは、次回から3回にわたって、、NTTグループの再編を予測していこうと思っています。
(その1)テレマーケティング・人材派遣系事業
(その2)設備・営業系事業
(その3)どうなる?アウトソーシング会社従業員の今後の処遇
この3回にわたり、グループ従業員の今後の運命を占っていこうと思っています。日本最大・22万人もの従業員が従事しているNTTグループに、どんな2006年が待ち受けているのでしょうか?

サマータイヤ TOYO TIRES TRANPATH mpZ 215/50R17 95V XL ミニバン用 低燃費タイヤ

投稿者 STATION-K 日時 2005年11月16日 午前 06時31分 | 固定リンク
Tweet

コメントを書く

この情報を登録する


ボンゴサイドテーブル サード右トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/72768/7137718

この記事へのトラックバック一覧です: NTTグループ、再編リストラ待ったなし!!:

ブログパーツ

  • コメントはメールでも
  • NHK時計
    ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

バックナンバー

カテゴリー

  • ギャンブル
  • ゲーム
  • スポーツ
  • ニュース
  • パソコン・インターネット
  • 携帯・デジカメ
  • 映画・テレビ
  • 沖縄
  • 経済・政治・国際
  • 芸能・アイドル
このブログをマイリストに追加
 
{yahoojp}nc02-myp01-gui-4206